幼稚園教諭資格をとるには|保育士の求人・転職なら【公式】保育士サーチ.com

採用ご担当者様ログイン 求職者ログイン

HOME > お役立ちコンテンツ > 幼稚園教諭入門 幼稚園教諭資格をとるには

幼稚園教諭入門 幼稚園教諭資格をとるには

幼稚園は、学校教育法において「義務教育及びその後の教育の基礎を培うものとして、幼児を保育し、幼児の健やかな成長のために適当な環境を与えて、その心身の発達を助長することを目的とする。(第22条)」と定められている「学校」です。そこで働く幼稚園教諭は、幼稚園教諭免許状を取得し、3歳から小学校に入学するまでの子供を対象に教育を行います。
ここでは、幼稚園教諭の仕事や資格についてご紹介致します。

幼稚園教諭資格をとるには、「幼稚園教諭になるには」でご紹介させて頂いた通り、5つのルートで普通免許状の取得が必要となります。

このうち、保育士資格取得の方が受験する幼稚園教員資格認定試験以外の4つのルートでは、幼稚園教諭養成課程で学び、単位の獲得が必要です。

幼稚園教諭養成課程で主に学ぶことをご紹介致します。

幼児教育学

学校に分類される幼稚園では、幼児期に大切な教育や保育について学びます。幼児教育の歴史や思想、与える影響、子供や子育ての問題点から教育者としての役割や教育方法を学びます。幼稚園としての役割を理解し、幼稚園が抱える現状や課題などから、幼児教育の現場において対応出来る知識を身につけます。

保育内容学

子供の生活では、遊びや行動、感じることなど五感により心身が発達します。特に乳幼児期の発達は著しいので、さまざまなことに敏感に反応し、影響します。その環境・人間関係・言葉・表現・健康について学び、保育に必要とされる基礎的な知識と技能を習得します。教育者の立場となった時に、どのように心身の発達を助長して行くかを学びます。

幼児心理学

人として心身の発達が最も大きくなる乳幼児期では、幼稚園教諭として関わる上で、その心理状態をきちんと理解しておく必要があります。自我が芽生え、他人への認知力、情緒や社会性の発達など、基礎的な幼児の心理を知識として学びます。

保育の基礎技能

乳幼児期に必要とされる保育の基礎技能を学びます。保険や栄養学、児童福祉や養護、障害児保育など、基礎的な知識から、保育を行っていく上で必要な技能を習得します。

実技

幼稚園では、スポーツなど体を動かすことや歌などの遊びや楽しみの中から、子供達の発達を助長します。その為に必要な乳幼児用の実技を学びます。いくつか例をご紹介致します。

≪ピアノ≫
小さい頃から音楽に触れることの多い現代では、歌を歌うのが好きな子供は多いです。幼稚園の授業や全員が参加出来る発表の一つとして、歌は必要不可欠。その為、ピアノの技術の習得が必要となります。ピアノに触れたことのない方もいますので、未経験でも授業としてきちんと学ぶことが出来るので安心です。

≪体育≫
乳幼児が楽しめるスポーツやゲームなどを学びます。球技や縄跳びなど、昔懐かしく遊んだ覚えのあるものばかりですが、幼稚園教諭の立場となって、どのように教えるか、楽しませるかを学びます。

≪図画工作≫
絵画や工作は、色彩や手先の感覚を養います。柔軟な脳を持つ乳幼児期には、多彩な感覚を身につけ、表現する能力を発揮します。季節の折り紙やクレヨン、粘土など幼稚園児が実際に使用する道具を使って学びます。

≪保育日誌≫
指導計画や保育日誌は、幼稚園教諭として欠かせない書類です。実際に子供と接することで次第に慣れて行くものではありますが、重要なものだけに、時間を掛けて慣れていては仕事になりません。学生のうちからどのようなものか基礎を学ぶことで、現場に出てからスムーズに対応出来るようになります。

就職に有利なのは一種?二種?

一種、二種の資格の違いによって業務内容や出来ることが変わるということは特にはないようです。
ただ、幼稚園によっては一種免許を持っている方が初任給や昇給の幅などで優遇されたり、キャリア組として長期間勤めることが出来たりすることがあるようです。その一方、なるべく若い教師を確保するために二種免許取得者を優先的に採用している幼稚園もあるようですので、一種と二種、どちらを取得した方が将来的に有利なのかははっきりとしないようです。地域や就職状況に影響されるのでご自身がどんな働き方をしたいか、働きたい地域の特色を把握しておくのが良いでしょう。
幼稚園二種免許を一種にするには、更に大学で必要単位を修得するか、現場で一定期間の実務経験を経て教育職員検定に合格する方法があります。

教職員検定

現状の免許状をステップアップしたい方は、教職員検定の認定を受けることで可能となります。教職員検定は、各都道府県により規定が定められ、試験が行われていますが、幼稚園教諭免許状と同じように、認定されれば全国で有効です。ただし、受験するには、基礎資格や保有単位など必要事項があります。各都道府県や年度により異なることもありますので、検定試験を受ける都道府県への確認が必要です。

保育園でのお仕事を探す
幼稚園でのお仕事を探す
サンライズ保育士キャリアスクール
保育園サーチ.com スタッフブログ
Pマーク
▲ページトップへ