保育園以外の勤務先|保育士の求人・転職なら【公式】保育士サーチ.com

採用ご担当者様ログイン 求職者ログイン

HOME > お役立ちコンテンツ > 転職するという事 保育園以外の勤務先

転職するということ  保育園以外の勤務先

転職するということはとてもエネルギーのいるもの。
ここでは転職する時の心構え、準備することなどの全般的なことを
ご紹介します。

インターネットで求人情報を収集するメリット乳幼児の保育をする施設は、保育園だけではありません。保育士の資格は、保育園以外の勤務先でも活かすことが出来ます。多くの保育士の求人情報サイトが、保育園以外の施設の求人情報も掲載しています。保育士の資格がある方で転職や就職を考えている方は、保育園以外の求人情報にも目を向けて見るのも良いでしょう。

ここでは、保育園以外の勤務先をいくつか挙げてみます。

認定こども園

認定こども園は、教育と保育の両方を行う、都道府県などから認定された施設のこと。幼稚園と保育園の良いところが一体的になった施設です。保護者が働いている・いないに関わらず、就学前の子供を受け入れるのが特徴です。

認定こども保育園には、幼稚園と保育園の機能を併せ持った単一型施設の幼保連帯型、許可幼稚園が保育園の機能を備えて認定こども園となる幼稚園型、認定保育所が幼稚園の機能を備えて認定こども園となる保育所型、認定幼稚園や認定保育所ではない教育・保育施設が認定こども園として必要な機能を果たす地方裁量型があります。認定こども園の認定を受けていても、もともとの幼稚園や保育園の位置づけは変わりません。

就学前の教育や保育のニーズに対応するため、近年施設数が増加しています。それに伴い、求人情報も増加傾向です。

託児所

託児所託児所は、保護者に代わって乳幼児を預かって保育をする施設で、保育園と同じような意味で使われることが多い施設です。デパートの託児所などのように、一時的に預かるという意味合いが強い傾向もあります。

女性も働く時代となった現代では、事業所内や事業所の近辺に託児所を開設し、育児中の従業員をサポートする企業も増えています。保育士の資格があれば、このような託児所での勤務も可能です。

病院内保育施設

病院内保育施設は、病院内や病院の近隣に設置された保育施設のことです。医療従事者の乳幼児を預かるほか、体調に不安があって一般の保育園での保育が難しい児童の保育を行います。

病児保育をする保育士を病児保育士とも言いますが、病児保育を行う保育士の総称であり、病児保育士という国家資格が存在するわけではありません。

学童保育

日中家に保護者がいない学童(小学生児童)に対して、放課後の遊びの場や生活の場を提供し、児童が健やかに育つようにサポートするのが学童保育です。

学童保育を行う施設で働く場合、保育士の資格が必要ない場合もありますが、保育士や幼稚園教諭の資格があれば採用には有利でしょう。

幼児教室

幼児教室就学前の幼児の学習教室を、幼児教室と呼びます。種類は多岐に渡り、英語教育、音楽教育、私立小学校のお受験対策など、様々な幼児教室があります。よって、幼児教室の先生となるには、就職したい幼児教室が提供している教育内容に相応しいスキルが必要になります。

求人情報をよく読んで、どんな資格やキャリアが必要なのかをチェックしましょう。

保育園でのお仕事を探す
幼稚園でのお仕事を探す
サンライズ保育士キャリアスクール
保育園サーチ.com スタッフブログ
Pマーク
▲ページトップへ