面接時の身だしなみ|保育士の求人・転職なら【公式】保育士サーチ.com

採用ご担当者様ログイン 求職者ログイン

HOME > お役立ちコンテンツ > 面接のポイント 面接時の身だしなみ

面接のポイント 面接時の身だしなみ

保育士採用面接のポイントタイトル画像

保育士採用面接のポイント

保育園の面接を受けるときのポイントは、基本的には一般の企業面接の場合と同じです。清潔感のある身だしなみを心がけ、保育士や幼稚園教諭を志した理由、その園でやりたいこと等を簡潔に話せるようにしておきましょう。 面接の目的は、『その保育園で働くこと』ですので、万端の準備で面接に挑めるように、気を付けたいポイント等をご紹介致します。

直接の合否判断とまではいかなくとも、決して軽視出来ないのが面接での身だしなみです。人間の第一印象の55%は外見(視覚情報)で決まるという説がありますが、面接の際にはそれ相応の身なりで臨むのが社会人のマナーというものです。

そして保育士とは言え、女性、男性ともに、一般の企業面接の場合とほとんど変わりはありません。面接では清潔感や好感ある身だしなみが大原則になります。面接官がどんなところに不快感を覚えるのか、注意すべきポイントをチェックしてみましょう。

女性チェックポイント

■頭髪
頭髪の乱れはだらしなく見えます。セットして清潔感のある印象を心がけましょう。また、明るすぎる色は避け、黒またはナチュラルなブラウンが良いでしょう。髪の伸びすぎにも注意しましょう。
ロングヘアーの場合は、おじぎをしたときに髪が顔にかからないようにまとめておきましょう。
ポニーテールのようにフェイスラインと耳を出すと顔が明るく見えます。

■メイク
普段メイクをする人もしない人も、身だしなみとして健康的に見えるナチュラルメイクをするようにしましょう。

■目元
アイシャドウは青や緑といった寒色系の色は、派手できつめな印象を与えますので、肌なじみのよいベージュやブラウン、目元を明るく見せるピンクなどがおすすめです。

■頬
チークを少しのせるとフレッシュで健康的な印象を与えてくれます。顔色が悪いなど、顔から疲れを感じさせるのは、面接時の印象が悪くなりますので、パステルカラーなど、明るく、濃すぎない色を頬の一番高いところに一塗りする程度でよいと思います。

■唇
派手な印象を与える濃い色は避け、色を明るく健康的に見せるために、肌なじみがよく程よいつやのある口紅をつけましょう。
また、荒れや乾燥でカサカサした唇も不健康に見えるのでリップクリームなどで保湿しておきましょう。

■服装
黒・紺・薄いグレーなど、落ち着いたカラーのスーツがおすすめです。スーツでなくてもいいですが、シンプルで明るく知的な印象を第一に選び、もっさりと鈍重なイメージを与えないように注意。
ブラウスは白い装飾の少ないシンプルなものが基本です。パステルカラーも柔らかい雰囲気を印象付けてくれます。
女性のスーツはパンツ・スカートどちらでも構いません。
スカートの場合の長さは膝丈が目安です。長すぎても短すぎてもマイナスイメージを持たれます。
座ったときに膝から上が見えすぎないように、面接前に一度座って着丈を確認しておきましょう。
外見をよく見せる方法として、足を長く見せるテクニックを身に付けましょう。
足が太いと感じる場合は、スカートを選び、腰回りを普段よりも上にし、全体の丈を長くします。
足が細いと感じる場合は、パンツは細身のものを選びます。
また、ストッキングは色や柄がなく、肌の色になるべく近いものを選びましょう。
外出先で伝線してしまった時や雨の時のために予備を携帯しておくと安心です。

■アクセサリー
華美なアクセサリーはNGです。
ピアスやイヤリング、ネックレス、ブローチなど、アクセサリーをつけるなら1点のみで控えめな印象のものにしましょう。
基本的には、腕時計のみがおすすめです。

■靴
ヒールの高さが3〜5cm程度のプレーンな黒のパンプスが望ましいです。ローヒールよりも歩き方が綺麗に見えます。慣れない靴は疲れやすいので、柔らかい素材で、またクッション性の良いものを選ぶのがよいでしょう。ハイヒールやミュールなどの面接にふさわしくないものや、派手な色柄や華美なデザインのものは避けましょう。

■指先
爪は子どもたちを傷つける印象を持たれない為にも短く切っておきましょう。

男性チェックポイント

■頭髪
頭髪の乱れはだらしなく見えます。セットして清潔感のある印象を心がけましょう。髪の伸びすぎにも注意しましょう。髪の長さは耳の上、襟足が襟につかないこと。 黒髪にし、短髪ならば、清潔感のあるように前髪を上げたり、耳を出したり、ワックス等で整えるのも有効です。 長髪の場合は、目が隠れ無いように気を付け、清潔感があるように後ろに流したりします。 整髪料は、付けた方が清潔感を演出できますがつけ過ぎは良くありません。

■ひげ
無精ひげでは減点されることもあります。キレイに剃ってすっきりした清潔感のある印象にしましょう。また、ひげの濃い方は、夕方の面接などではひげが濃く見える場合もありますので、面接前に剃れるようにしておくといいでしょう。

■服装
スーツ着用が基本です。
黒や濃いグレーなどシンプルで清潔感のあるカラーのスーツを選びましょう。オーソドックスな色は面接官から見れば、安心感があり印象良く感じる色。濃色の方が顔映りも良いメリットがあります。
シャツは、白無地が無難です。白は清潔感があり、スーツやネクタイがどんな色でも合わせやすいメリットがあります。襟が小さすぎるものは、襟の形が見えて恰好が悪いので、襟のサイズに気を付けます。
きちんとアイロンをかけておきましょう。
靴下は、黒か紺を選びましょう。白色や丈の短いものは学生に見られます。スーツと同系色の無地ソックスなら、着席時も足元がすっきり美しく見えます。素材は綿100%や綿・ポリエステル・ナイロンの混紡素材が一般的です。
一般的に華美になりすぎないものが望ましいです。青や薄い色を爽やかなカラーがおすすめです。赤や黄色といった発色の強い色は避けましょう。ネクタイの汚れや曲がり・緩みも要チェックになります。
当然、スーツとシャツのしわや汚れは論外です。あらかじめクリーニングに出してパリッとしておきましょう。

※スーツのボタンは閉めておきましょう。挨拶でお辞儀をする際に、前が開いたままだとネクタイが垂れて、印象が悪いので、注意して下さい。

■アクセサリー
原則として、時計・結婚指輪以外のアクセサリーは着けないのが一般的です。腕時計は、大きなものや派手なものは避けましょう。
ネクタイピン程度ならビジネスにふさわしいシンプルな清潔感を与えるデザインのものであれば問題ないでしょう。目立たない小さなものを使用します。

■靴
スーツをキレイに着こなしても、靴が汚れていては台無しです。履き慣れた靴をキレイに磨いておきましょう。
色は黒がマスト。茶色は避けておくのが無難でしょう。

■指先
爪は子どもたちを傷つける印象を持たれない為にも短く切っておきましょう。

保育園でのお仕事を探す
幼稚園でのお仕事を探す
サンライズ保育士キャリアスクール
保育園サーチ.com スタッフブログ
Pマーク
▲ページトップへ