私が保育士を目指したわけ|保育士の求人・転職なら【公式】保育士サーチ.com

採用ご担当者様ログイン 求職者ログイン

HOME > お役立ちコンテンツ > 保育士の現場:私が保育士を目指したわけ

保育士の現場:私が保育士を目指したわけ

保育士の現場:私が保育士を目指したわけ
現在、現場で活躍する保育士の皆さんがこの職業を目指した理由は実に様々。保育士を目指す方の数だけ、理由があるといってもよいでしょう。

今回は、実際に保育士として働いている方が、なぜ保育士を目指したのか、生の声をご紹介しましょう。

私が保育士を目指したわけ

子供が成長する姿を見て

兄弟や親せきなど小さな子供の成長に身近に関わったことがきっかけで、将来は保育士をと目指した方は少なくありません。

Kさん 「会うたびにどんどん成長している姿を目の当たりにして」 「保育士を目指したのは小学生の時にいとこが生まれたことがきっかけでした。
親戚の集まりなどでその子には会う回数が多く、会うたびにどんどん成長している姿を目の当たりにしていたので、自然に、将来は子供と関わりその成長を見守る仕事に就きたい、と思うようになったのです。

保育士の仕事は、憧れだけでは長続きしないと思いますが、この仕事を目指したきっかけや理由がしっかりあれば、くじけそうなときでもあらめずに仕事を続けられるように思います。

就職から数年経った今も日々勉強のつもりで仕事にあたっています。大変なことも多いですが、多くの子供達に関わる仕事が出来て嬉しいです」

Fさん 「子育ての経験がきっかけで通信講座で勉強」 「学生時代に特に保育士を目指して勉強したわけではありませんが、自分の子供を育てた経験や友人の子供を預かって世話をしていた経験から、次第に保育士を目指したいと思うようになりました。

毎日少しずつ通信講座で勉強していたのですが、なかなか自分の時間を作ることが出来ず何度も挫折しそうになりました。

家族の協力もありなんとか試験に合格することが出来ました!その後、子供の手が少し離れたのをきっかけに就職活動を始め、運よく知り合いの方からお声をかけていただくことができ、現在は保育士として毎日子供達とかけまわっています。」

子供が好きだから

子供が好きという理由で保育士を目指す方も多いようです。言うまでもなく、保育士は日常的に子供と関わる仕事。子供が好きという気持ちは欠かせません。

Hさん 「子供にパワーをもらった」 「子供の笑顔や遊ぶ姿を見るのが好きだったということが、私が保育士を目指した大きな理由です。元気いっぱいに遊んでいる子供を見ているとパワーをもらえるような気がします。

最近は、あまり外で遊ばない子供も増えたので、せめて保育園にいるときは元気に外で遊んでほしいと願っています。
子供が怪我をしないように安全管理に気を配るなど責任の重い仕事ですが、その分やりがいはあります。いろいろと大変なことがあっても、子供たちの笑顔に癒されています」

Sさん 「子供と関わるボランティアに参加」 「子供が好きで子供と関わるボランティアにも積極的に参加していました。現在は保育士以外の職業に就いていますが、仕事でも子供に関わりたいという気持がしだいに強まり、保育士資格の取得に向けた勉強をした上での転職を目指しています」

保育士と子供が関わっている場面を見て

保育士と子供が実際に関わっている場面を見て保育士を目指すという方も少なくありません。特に、自分の母親が保育士として働いていたことがきっかけというケースが多いようです。

Aさん 「母のような保育士になりたい」「私の母が保育士をしており、子供たちの世話をしているその姿を幼い頃から見ていました。それがきっかけで自然と保育士になりたいと思うようになり、母と同じ道を選びました。
思いやりを持って笑顔で子供たちと接することを大切にしていた母のような保育士になることが今の目標です。これからも経験をどんどん積んでいきたいです」

Mさん 「保育士をしていた親戚のお兄さんの姿に憧れて」「自分は男性です。保育士をしていた親戚のお兄さんの姿に憧れ、保育士を目指しました。男性の保育士は珍しいのかもしれませんが、子供が好きという気持ちは女性の保育士と同じくらい強いと思います。
親戚のお兄さんのような、園児に好かれる保育士を目指して、日々奮闘中です」

保育園で出会った先生に憧れて

小さい頃通っていた保育園の先生に憧れ、保育士を目指す方もいます。

Nさん 「担任の先生が大好きだった」「私は保育園児でした。その時に自分のクラスを担当していた先生がとても優しくてきれいな方で「大きくなったら私もこんな先生になりたい」と憧れを抱いたのが、保育士を目指した最初のきっかけでした。

その憧れは10代になってからも続き、憧れだけで終わらせるのではなく本格的に保育士になることを早くに決めました。
私が働く姿を見て保育士になりたいと思う園児がいるかどうかはわかりませんが、今の目標は園児たちの憧れの存在となることです」

保育士を目指したわけは志望動機に繋げましょう

いかがでしたでしょうか。保育士として働くには保育園などの面接試験を受けるのが一般的な道筋です。その時に必ずと言っていいほど尋ねられるのが志望の動機。保育士を目指した理由はこの志望動機に繋がる重要なものですので、自分の中ではっきりとさせ整理しておくと良いでしょう。

もちろん、面接では数ある保育園の中からその園を志望した理由もきちんと説明出来なくてはいけません。マニュアルや例文によくあるようなありきたりな志望動機ではなく、自分の言葉で自分自身の気持ちをしっかりと伝えられるように準備しておきましょう。

保育園でのお仕事を探す
幼稚園でのお仕事を探す
サンライズ保育士キャリアスクール
保育園サーチ.com スタッフブログ
Pマーク
▲ページトップへ