保育と英語教育|保育士の求人・転職なら【公式】保育士サーチ.com

採用ご担当者様ログイン 求職者ログイン

HOME > お役立ちコンテンツ > 保育と英語教育

保育と英語教育

保育と英語教育 英語のできる保育士は人気
保育園と幼稚園の根本的な違いは教育カリキュラムの有無にあります。幼稚園は義務教育に進む前段階としての教育を行うことが多く、私立幼稚園の場合、音楽や英語など園独自に力を入れている教育分野があることが特長です。特に近年のグローバル化に対応できる英語教育ができる幼稚園は人気があり、英語教育のできる保育士は引っ張りだこです。保育士として働きたいと考えている方は英語検定などの資格を取得していると就職にとても有利ですよ。

保育英語検定とは

保育英語検定とは、一般社団法人保育英語検定協会が行っている民間の検定試験です。どなたでも受けることができますが、保育士資格を持つ方が検定に合格すると「イングリッシュエキスパート保育士証」が発行されます。「◯級保育英語士証」とは表記が異なりますが、同じ資格証のため、証明書類の一つとして使用できます。

一般的な英語検定資格との違い

保育における英語教育を目的としたもので、保護者及び子どもとの英語でのコミュニケーションをおこなうものであることから、英検(公益財団法人日本英語検定協会の検定試験)やTOEFLといった一般的な英語の検定試験とは違い、赤ちゃん言葉や幼児語を学んだり乳幼児と触れ合う際に使用する英語を身に付けます。

保育英語検定を保育士が勉強するメリット

何と言っても保育士としての就職の幅が広がることが挙げられます。グローバル社会が広がり外国人の保護者や英語教育をおこなう幼稚園が増える中、英語教育の出来る保育士は重宝されることでしょう。

今後の転職の際にも英語教育の出来る保育施設や英語教室などで働くという道も広がります。また、英語教育の出来る保育士には手当が出る園などもあります。

保育英語検定に合格するのは難しい?

保育英語検定に合格するのは難しい? 保育英語検定では保育の現場において子供や保護者とのコミュニケーションがスムーズに行えるか否かという点に重きが置かれています。すなわち、一般的な英語検定とは難しいと感じる箇所が違うかもしれません。
試験内容は一般公開されていませんので過去の問題集を参考にする方法と、一般社団法人保育英語検定協会で販売しているテキストを購入し、勉強を進めていく方法があります。

保育園でのお仕事を探す
幼稚園でのお仕事を探す
サンライズ保育士キャリアスクール
保育園サーチ.com スタッフブログ
Pマーク
▲ページトップへ